トップ

海外挙式での二次会

海外挙式でも二次会はあげる?

二次会を日本でする海外挙式

最近、ますます人気を集めている海外挙式。多くのカップルが、人気の海外リゾート地で愛を誓っています。ですが、海外挙式をあげるカップルでも、二次会は国内で行いたいという希望が多いのも事実。
しかし、そういった二次会の幹事を頼まれてしまった場合、段取りはどうすればいいのか?二次会の内容に変化を持たせたほうがいいのか?と悩む幹事の方もいらっしゃるでしょう。
もともと、二次会の開催について悩む幹事さんはたくさんいらっしゃいます。
たとえば、どんな雰囲気の二次会にするかというのも難しいもの。
もうひとつ大変なのは景品選びです。景品を選ぶのは本当に大変です!

二次会の景品選びにおすすめサイト。

でも、どうせ幹事を引き受けるならなら、カップルはもちろん、参加される招待客が喜んでくれるような素敵なイベントにしたいですよね!

どうしたら素敵な会ができるのか、お悩みの幹事さんにおすすめなのが「1.5次会」です。こちらは、挙式と二次会の中間に位置しているような内容が特徴的です。二次会よりもちょっぴりフォーマルな印象の集まりになりますが、この「1.5次会」を二次会代わりにするカップルも増えているのです!「お披露目会」という方もいるようですね。

式の二次会は一般的に友達を集めて開催することが多いようですが、1.5次会の場合、会社の同僚や上司、取引先の相手を招待するケースもあるそうです。

この1.5次会の魅力は、挙式よりはゲストが気軽に参加できるところにあります。かといって、二次会ほどくだけた雰囲気ではありません。アットホームなパーティのようなものを想像してみて下さい。
もうひとつの魅力は、カップルがゲストと触れ合う時間が多い点です。新郎新婦は久しぶりに再会する旧友とも、楽しくおしゃべりをすることができるでしょう。

1.5次会の特徴は、タイムテーブルやないように決まりがないところ。ご祝儀制でも会費制でもOKですし、着席パーティなのか立席スタイルなのかも決まりはありません。自由度が高く、個性を出しやすいのです。

もちろん、いわゆる「二次会」でカップルをお祝いするのも喜ばれます。国内挙式の際の二次会と変わらない内容でも大丈夫。カジュアルな余興で楽しみたいカップルや幹事には、こちらをおすすめします。